ミュージカルを勉強中の方、個人レッスンの先生をお探しの方、オーディションを受ける方。「ミュージカル専門ボイストレーニングセンター」にお任せください。

〒202-0001 東京都西東京市ひばりが丘1-12-4

受付時間:10:00〜20:00(毎日)

担当:米田 慎哉(よねた)

お気軽にご相談ください

042-421-1154

代表ごあいさつ

代表からのご挨拶

1997年から俳優養成所としてスタートしたATNオフィスは、2011年12月より、ボイストレーニング部門を独立させ、「ミュージカル専門ボイストレーニングセンター」の名称で、ATNオフィス併設のレッスンセンターと致しました。

これまでも多くのミュージカル俳優を育ててきましたが、ミュージカル専門ボイストレーニングセンターでは、よりきめ細かい指導を行って参ります。音声生理学に基づいた科学的でより自然な発声と、その技術に裏付けられた音楽的変化、感情表現、曲の内容を理解した日本語らしい言語表現などを、丁寧に、そして学ぶ方の立場に立ったレッスンを行います。

レッスンとは教師だけでも生徒だけでも成り立ちません。お互いに力を合わせて成長していくものと確信しております。怒られるためにレッスン料を払っているような場合も多いこの世界で、いただいたレッスン料以上の収穫が得られる事が生徒さんの満足とお互いの信頼、将来の成功につながっていきます。

「なでしこジャパン」が女子サッカーのワールドカップで優勝できたように、日本人だからできない、体格や筋肉が劣るからできないのではなく、正しいトレーニングを積み重ねれば、成功への道は必ず拓けます。よく言われる「気合い」「根性」「やる気」はもちろん必要です。しかし、基本的な技術がなければ、根性があっても結果はついてきません。
「技術」と「心」そして「人間的な成長」、この三つが揃った時、ミュージカル俳優としての喜びを得る事ができます。ATNオフィスと「ミュージカル専門ボイストレーニングセンター」は全力で皆さんの成長を手助けします。

2011年12月 代表 米田 慎哉

ATNオフィス 三つの理念

「ミュージカル専門ボイストレーニングセンター」を運営するATNオフィスでは、三つの理念を掲げて活動しております。

詳しくは下記をご覧下さい。

ミュージカルによる社会貢献

近年、企業の社会的責任(CSR)に対して、多くの企業が積極的に取り組まれております。多くの企業と違い、私達「芸人」(芸術家・芸能者を総称して、あえてこう呼びます)は、消費財を生産したり、生活に不可欠なサービスを提供する事は出来ません。それどころか、他の皆様が額に汗して得られた金銭の一部を頂戴して生活を営んでおります。この様な状況では、一部の方々を除いて、財力で多くの社会貢献をする事は大変難しい事です。また、ボランティアとして労働力や知力をご提供したとしても、世事に疎い者が多い私達では、お役に立てる事が多くはありません。

しかし、「芸人」である事を利用した社会貢献なら行える可能性があります。4年前に上演いたしました、中越大震災復興支援ミュージカル「ユイナシビト」〜絆〜は、3.11の大震災、大津波、原発事故を先取りした作品であったと考えます。私達の技術と心を使って、多くの皆様を勇気づけたり、あるいは医療問題、環境問題や省資源に対する啓発、近代日本の礎を創った人々を描くドラマなど、私達「芸人」ならではの社会貢献が私達に課せられた責務の一つであると考えます。

ATNオフィスは、これらの社会貢献型ミュージカルを数多く企画・制作して行く中で、社会的責任を果たして参りたいと考えております。そして同時に、「役に立つ」だけの作品だけでなく、「楽しい」「感動する」素敵なミュージカルをご提供出来る事を目指しております。

2012年夏からは、いよいよ自殺対策・うつ病対策啓発ミュージカル「やまない雨」の上演が始まります。これに先立ち、2012年春には「NPO法人社会貢献ミュージカル振興会」の活動が始まります。

これまで以上に深く、これまでより一層多くのお客様に社会貢献ミュージカルをご覧いただくために努力して参ります。

魅力ある職業の場を提供する

現在、著しい若年者人口の減少が続いております。その中にあり、芸術・芸能に進路を求める若者が増えています。かつてなら「正業」と認められなかった仕事が、社会の価値観が多様化する過程で、男女ともに選択しうる職業の一つとして認知されてきた事が大であると考えます。また、少子化によって、一家族における子供の数が減少している事により、生活の保障としての職業から、生き甲斐としての職業を、親が容認する傾向が顕著に現れています。

ミュージカルや舞台芸術の世界でもその様な現象が現れております。しかし、大学や専門学校で専門教育を受けた後の受け皿が見つかりにくい現状があります。私達の職業は「就職」と言う概念が最も希薄な業種です。一部の大手劇団や、商業演劇の世界を除いて、舞台の仕事で生活をする事はおろか、収入を得る事さえ難しい状況が待っております。ミュージカルを志す若者達は、日々、生活のためのアルバイトと、自らの能力を高めるためのレッスンに明け暮れています。舞台出演の機会を得るために、時には参加料は支払って出演する事さえあります。さらに、大震災、国内産業の空洞化、ヨーロッパ発の金融危機などで舞台芸術の世界はこれまで以上に収縮傾向にあります。

野球やサッカーがそうであるように、ヒエラルキー(社会階層)の頂点に、職業として生活していける状態が存在しなければ、後に続く子供達にとって、「魅力的な職業」にはなり得ません。

ATNオフィスでは、社会貢献型・啓発型のミュージカルを制作する事によって、「芸人」に新たな出演の場を提供しようとしています。また、協賛や出資を得られる作品を創造する事で、芸を志す人々に新たな生活の場を創っていきたいと考えております。

ミュージカルに出演する者が職業を尋ねられた時、自信を持って「俳優です!」と答えられる仕事の場と収入を得られる事によって、新しい有能な人材が、芸の世界を目指しやすい環境を作り出す事が、先に立つ者の重要な責任の一つであると考えております。

心と技術の進化

現在の日本には、少ないとは言えかなりの数のミュージカル俳優が存在しております。その人達は大手劇団であったり、一部の商業公演に出演する事で生計を立てています。しかし、その他にも有能な俳優は沢山います。不運にもオーディションで落選したり、あるいは、特殊なコネクションの壁に阻まれて、その人の能力が正当に評価されない場合もあります。また、自分が望む「より高い水準の仕事」を求めて、あえてフリーランスになる者も沢山います。

ATNオフィスでは、ブロードウェーやウエストエンドの大作をコピーする事でなく、日本人のために作られた、日本のミュージカルを、これらの有能な人々を活用する事で実現して参りたいと考えております。多額の資金を使わなくとも良質の作品は創る事が出来ます。ミュージカルを「心を使って演じる」「高い技術で演じる」事を両立していくための努力をして参ります。

そして、それらの作品をご覧頂けるお客様に

  • 「楽しんで頂ける」
  • 「より高いレベルの作品に接して頂く」

この二つを同時にご提供させて頂きたいと考えております。

お問合せ・ご相談はこちら

ボイストレーニング、個人レッスン、体験レッスン、トライアルレッスンなどについて、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 進路について迷っている・・・。
  • どうしたらミュージカルの勉強を始められるの?

このようなお悩み相談でも結構です。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

受付時間:10:00〜20:00(毎日)
担当:米田 慎哉(よねた)

  • ミュージカルスクール、ボーカル教室、ボーカルスクール在籍中の方も、お気軽にご相談ください。
  • 東京都をはじめ、埼玉県、神奈川県、千葉県などの遠方からも生徒さんが通っています。