ミュージカルを勉強中の方、個人レッスンの先生をお探しの方、オーディションを受ける方。「ミュージカル専門ボイストレーニングセンター」にお任せください。

〒202-0001 東京都西東京市ひばりが丘1-12-4

受付時間:10:00〜20:00(毎日)

担当:米田 慎哉(よねた)

お気軽にご相談ください

042-421-1154

当センターの特徴

ミュージカル専門 ボイストレーニングセンターの特徴

個人レッスンです

歌やボイストレーニングは、グループレッスンを行ってもほとんど効果はありません。グループの中から一人の声を聞き分けて、さらにその人だけに指導する事は、とても困難です。また、指導された側も、グループだと、誰に対しての注意や指導なのか分かりません。

マンツーマンで指導する事がレッスンの絶対条件です。

具体的な指導です

当センター講師の米田慎哉は、歌や音楽だけでなく、音声生理学や運動生理学についても十分な知識を持っています。歌やボイストレーニングのレッスンを受けた経験のある方ならご存じだと思いますが、ほとんどの先生が抽象的な指導をします。「声をもっと集めて」「前に飛ばす」「後ろから回すように」「もっと響かせて」「お腹を使って」…

生徒さんの多くは、先生が何を言っているのか意味が分かりません。

当センターでは、

  • 「ブレスの時、何をすればいいのか」
  • 「最も自然な姿勢を図解する」
  • 「声帯の仕組みと声が小さい理由」
  • 「息を続かせるための横隔膜の使い方」
  • 「チェンジの方法」
  • 「表現力とは何をすればよいのか」
  • 「意味を伝えるための言葉の使い方」

などを全て具体的に指導します。

レッスン場には資料の図や写真、ビデオなどがたくさんあり、必要に応じてホワイトボードに図を書いて説明する。実際に身体を触っていただいて、変化の様子を知る。など、単なる「抽象的なイメージ」で表現するのではなく、「具体的な技術や知識の積み重ね」で上達を後押しします。

質問には、必ずお答えします。生徒さんが持つ声や歌の疑問に対して、全て具体的にお答えする事ができます。

怒りません

歌やボイストレーニングのレッスンで良く耳にするのは、「先生が怒る」です。
しかし、先生が怒っても生徒の技術は上達しません。かえって萎縮して声が小さくなるなどの弊害が起きます。先生が「怒る」と言う行為は、自分の指導力が不足している事の表れです。良い先生であるなら、怒るより先に「問題点を具体的に指摘する」「改善するための方法を提示する」「生徒さんに理解してもらいやすい説明を工夫する」はずです。
当センターでは、他の生徒さんに迷惑をかけるような「人間として、してはいけない行為」を行わない限り、絶対に怒りません。ミュージカルとは「豊かな精神」から生まれるものだと信じています。

あらゆる面で上達のお手伝いをします

当センターでは、歌や声だけでなく、オーディションの曲選び、録音のお手伝い、宣材写真の撮り方、受験の時の準備など、全般的な指導をしています。
また、進路の悩み、現場でのトラブル、心の問題など、生徒さんが抱えている問題の解決や改善のお手伝いを行っています。たくさんの生徒さんを育て、いろいろな学校で教えてきたからこそ分かる事です。
「心と技術のバランスが取れた教育」を実践しています。

お問合せ・ご相談はこちら

ボイストレーニング、個人レッスン、体験レッスン、トライアルレッスンなどについて、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 進路について迷っている・・・。
  • どうしたらミュージカルの勉強を始められるの?

このようなお悩み相談でも結構です。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

受付時間:10:00〜20:00(毎日)
担当:米田 慎哉(よねた)

  • ミュージカルスクール、ボーカル教室、ボーカルスクール在籍中の方も、お気軽にご相談ください。
  • 東京都をはじめ、埼玉県、神奈川県、千葉県などの遠方からも生徒さんが通っています。