ミュージカルを勉強中の方、個人レッスンの先生をお探しの方、オーディションを受ける方。「ミュージカル専門ボイストレーニングセンター」にお任せください。

〒202-0001 東京都西東京市ひばりが丘1-12-4

受付時間:10:00〜20:00(毎日)

担当:米田 慎哉(よねた)

お気軽にご相談ください

042-421-1154

業界の裏話

最初は本当に「業界の裏話」を書こうとしたのですが、ミュージカルの世界を目指す方々には、少々刺激の強い「裏話」になってしまいますので、実際に役立つ話を書いていきます。

なお、これから書く事は私(代表の米田)が考えている事、感じてきた事であって、全て個人の考えであり、個人の責任において書くものです。お読みになる方も自己責任でお読み下さい。

2013.12.26

ミュージカルを学ぶ学校

ミュージカルを勉強したいと考えている高校生や、大人になってからミュージカルを始めたいと考えている方から、多くのご質問をいただきます。

「やはりどこかの学校に入らなくてはミュージカル俳優になれないのでしょうか?」

この問題を考えていきます。
これから書いていく事は「東京」または「首都圏」に限っています。
前提として、ミュージカルの仕事はほとんど首都圏に集中している事を理解していただきたいと思います。

大きな格差

ミュージカルを学ぶということは、日本に於いてまだまだ根付いていないジャンルです。
もちろん、「宝塚」をはじめとして、地方にも多くの学校が存在します。
ところが、「宝塚歌劇団」「劇団わらび座」など、ごく少数のカンパニーを除いて「仕事として食べていける」ミュージカルを制作している団体は、ほとんどが東京や首都圏に存在します。

その結果、東京とその他の地方では「レベル」の大きな格差が存在します。
なぜなら、仕事が東京周辺に集中しているため、スタッフや指導者も同様に集中しているからです。
簡単に言うと、「東京以外では仕事がない」→「食べていけない」からです。
もちろん例外もありますから忘れないで下さい。

地方都市の学校では、ミュージカルを教える先生が圧倒的に不足します。そのため、東京から教師が通勤していたり、ある期間だけ授業を持っていたりします。

私の専門である「歌」で考えると、ミュージカルを教えられる教師は東京にも少数しか存在しませんので、地方都市ではクラシックの声楽を教えている先生が「ミュージカル唱法」の授業を持つ事が少なくありません。

決して「クラシックが全ての基礎」ではありませんので、クラシックの声楽だけ学んでも、ミュージカルで使える俳優になれるとは限りません。

この事は「歌」だけに限らず「ダンス」や「演技」でも同様の事態が起きています。

ミュージカルの演出ができる方なんて、東京にもごく僅かしかいないのに、地方都市で探すのはとても困難な事です。私が親しくしているミュージカル演出家は、週の半分を関西に滞在し、大学の授業のために当てています。

前置きが長くなりましたが、そのような訳で、これから学校の事について書くのは「東京周辺」に限る事にします。

ミュージカルの専門学校について

ミュージカルを総合的に学ぶとしたら、次の方法が考えられます。

  1. 大学や短期大学
  2. 専門学校(専修学校を除く)
  3. 劇団や団体が運営している研究所などの養成施設
  4. フリースクール(文部科学省の認可を受けていないスクール)

この続きは後ほどアップします。

12.28

さて、この続きです

ここからは1.と2.について書きます。

3.は「劇団四季」の研究所や「ハローミュージカル ミュージカルアカデミー」などです。
これについてはある程度、資料が存在しますので、ここでは触れません。
4.は、私もかつてミュージカルスクールを運営していましたが、さまざまなレベルのスクールが混在していますので、自己責任で判断していただくか、「お問い合わせフォーム」か「メール」で、私に直接ご質問下さい。

1.大学や短期大学について

本格的にミュージカルを学べるところはとても限られています。
わたしも大学や専門学校で教えていた期間が長かったので、「学科やコースの扱い方」「指導方針」「カリキュラム」「講師陣」などを見ると、大体の様子が分かります。

専門にミュージカルの教育をしようとしている学校と、「いろいろ学べますよ」的な扱いでミュージカルと書いている学校に分かれます。

ずばり言うと、「おまけ」ではなく、ミュージカルを専門的に教育しようとしている大学・短大は3つだけです。

昭和音楽大学、洗足学園大学、桐朋学園芸術短期大学のミュージカル専攻です。

他にもいくつか大学がありますが、どちらも演劇やパフォーミングアーツの一環としてミュージカルらしき物が学べると言う位置づけだと思います。
もちろん、それらの大学を卒業してミュージカル俳優になる事は可能です。

昭和音楽大学、洗足学園大学ともに音楽大学で、とても立派な施設や設備を持っています。
一方で、授業料や入学金が「音大料金」で、かなり高い事を考えに入れなくてはなりません。

桐朋学園芸術短期大学は2年制で、卒業後に専攻科が存在するとは言え、ミュージカル専攻で「専攻科」に進学する学生は決して多くないようです。つまり2年間でミュージカルの技術を身につけられるのか?と言う問題が発生します。授業料は音大料金よりずっと格安です。(普通の大学より少し高めくらい)
その分、キャンパスは狭い上に施設も老朽化しています。

これら3つの大学では、歌・ダンス・演技ともにかなりしっかりした先生がいますので、選択肢となると思います。

2014.1.4

2.専門学校について

こちらは大きく分けると5つに分類する事ができます。

  1. ミュージカルを専門的に教育しようとしている
  2. 声優やタレントになるための学校で、ミュージカルも学べます…、と言っているところ
  3. 音楽系の専門学校で、ダンスや歌もできますからミュージカルにも行けますよ…、と言っているところ
  4. ダンス系の専門学校で、テーマパークのダンサーやミュージカルのダンサーになれるので、その延長上にミュージカルがありますよ…、と言っているところ
  5. ありとあらゆる学科やコースがある総合系の専門学校(声優・俳優・ダンサー・ミュージシャンなど何でもあり)

こう考えると、やはり1.の専門的に教育しようとしている専門学校しか選択肢がない事になります。
ダンサーを目指して、できればミュージカルにも出てみたいような方は、そう言ったところも選択肢になるかもしれません。

先ず、ミュージカルの専門学校について理解しておかなければならない事があります。
「少子化」と「長く続いた不況」が、志願者と入学者をさせています。つまり、専門学校では入試が存在しない状態なのです。極端な話、「名前を漢字で書ければ合格する」と言った話も聞かれます。

これは重大な問題です。ミュージカル系の専門学校に入学する生徒のレベルが極端に異なるのです。大学などに問題なく進学できる学力があるけれど、どうしてもミュージカルを学びたいので専門学校に入ってくる人。勉強は好きじゃないけどやりたい事もない。何となく華やかな世界だからやってみたい、と思って入学する人。むろん大学を卒業したり、社会人を経て専門学校に再入学する人も少数ですが存在します。

入学者のレベル差が大きい事によって起こる最大の問題があります。知的レベルと向上意欲の高い人は「こんなレベルの低い事はやってられない!」と考えます。一方、意欲の高くない、しかも安易な授業を想像していた人たちは「こんなきつい事はやってられないし、何を言われてるのか全然わかんない!」と、両者それぞれの感情を抱きます。

やがて両者共に退学してしまいます。専門学校で一番大きな問題は退学です。退学者が出てクラスの人数が減った方が授業がしやすいと言う教師さえいます。退学者が多いという事は、授業の満足度が低い事と一致しています。経営者は、退学者が出て授業料の収入が減ると、更に授業や発表会、公演にかける費用を減らさなくてはなりません。そうなると更に退学者が出るという悪循環にはまってしまいます。

お問合せ・ご相談はこちら

ボイストレーニング、個人レッスン、体験レッスン、トライアルレッスンなどについて、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 進路について迷っている・・・。
  • どうしたらミュージカルの勉強を始められるの?

このようなお悩み相談でも結構です。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

受付時間:10:00〜20:00(毎日)
担当:米田 慎哉(よねた)

  • ミュージカルスクール、ボーカル教室、ボーカルスクール在籍中の方も、お気軽にご相談ください。
  • 東京都をはじめ、埼玉県、神奈川県、千葉県などの遠方からも生徒さんが通っています。